CBDについてもっと詳しく

What is CBD ?

CBDとは、大麻に含まれる100種類以上の生理活性物質のひとつです。
大麻と聞けば驚かれるかもしれませんが、日本の刑法である大麻取締法第一条によると、この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。とあります。私たちが扱うCBDの原材料はこれらのガイドラインに沿った形で作られていますので日本国内でも安心してお使いいただけます。

前項のCB1,CB2を説明するにはECS(エンドカンナビノイドシステム)の説明が重要になってきます、エンドカンナビノイドシステムは、人を始めとした哺乳類、爬虫類、両生類、魚類全てに内存しています、ECS内のカンナビノイドが欠乏すると様々な症状が現れます。CBDを内用、外用することによってこれらを防ぐことができる可能性があるのです。CB1,CB2とは主にカンナビノイド受容体の事を指しますがこれら受容体は全身に分布しています。CB1は神経細胞系に多く、CB2は免疫細胞系に多いです。CB1の活性化は精神作用につながり、CB2の活性化は免疫システムに作用するということがわかると思います。CBDはCB1の活性をブロックし、CB2を活性化させるという特徴を持っています。これにより、精神作用をもたらさず、免疫細胞に作用することにより、抗酸化、抗炎症などの効果を発揮します。

※一部「カンナビノイドの科学」佐藤均(昭和大学薬学部教授)日本臨床カンナビノイド学会[編]の言葉を抜粋しております。

CBDによる薬理効果が期待できる疾患

  • パーキンソン病
  • アルツハイマー病
  • がん
  • 難治性癲癇
  • 精神障害(抗うつ)
  • 関節リウマチ
  • 抗不安
  • 抗てんかん
  • 神経保護
  • 血管弛緩
  • 抗けいれん
  • 抗虚血
  • 抗ガン
  • 制吐
  • 抗菌
  • 抗糖尿
  • 抗炎症骨の成長促進